ハル工房2

適当な毎日。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

SAVE THE ZOMBIE!

おはようございマス。

最近はTwitterばかりでブログ更新してないのですがなんとかかんとかやっております。

趣味の方では
NEC_0093.jpg
こんなのとか

NEC_0110.jpg
こんなの作ってました。



さてタイトルのSAVE THE ZOMBIE。

詳細は↓で。
http://wzombiesummerfes.cocolog-nifty.com/blog/save_the_zombie/index.html

上記ブログより

■SAVE THE ZOMBIEキャンペーン とは?
近年、日本未公開のゾンビ映画が多数発生!
DVDですら国内リリースされない事態が起きている。
このままだと、本当に面白いゾンビ映画までもが日本で観られなくなってしまう!!
ゾンビが日本から消える?ゾンビが死んじゃう??
奇しくも今年は6月からほぼ毎月「ゾンビ映画」が観られる素晴らしい年。
こんな年が毎年、無事に来るように、我々は立ち上がります!!
------------------------------------------------------------




思えばホラー映画にハマるキッカケは「ボーイズボーイズ」のマイケル・ボールドウィン 。
小学生だった私にとって様々な憧れを植えつけた作品です。
スケートボードもハロウイン(お祭りの方)もこれで知りました。
そんな彼が「ファンタズム」に主演してるというので街の映画館に観に行ったのですが・・・

恐怖映画3本立てでした。

当時は映画館で2~3作品同時上映しているのが当たり前、ファンタズムと一緒に見たのが、
ジョン・カーペンター監督「ハロウィン」ダリオ・アルジェント監督「サスペリア2」
当時小学生だった私はなけなしの小遣いで観に行ったので全作品鑑賞。
怖くて怖くて何度も帰ろうかと思ったのですが、怖い!けど面白い!の興奮ゆえ最後まで。

昼から行ったのですが観終わったのは日もトップリ暮れた頃。
見た人はわかると思いますが、ホラー後の暗闇は格別です。

しかも映画館からでて暗闇に絶望した私に更なる試練が。
…自転車パンクしとる!!

これはどういうことだ!ブギーマンの仕業か!銀色の玉が開けたのか!?
刻一刻と暗くなる中、頼みの自転車屋さんはもう閉まってます。

半泣きで押して帰るしか無いのです!

家路には殆ど街灯など無く鬱蒼と茂る今にも何かが出てきそうな林や
殺人鬼が隠れていてもおかしくなさそうな閑散とした工場地帯。
さらには1979年当時の鉄格子の入った精神病院まで有る始末。
ブギーマンは精神病院から脱走して……!!!

見た映画すべてに当てはまる恐怖!
普段なんとも思わなかった家までの2kmの道のりがなんと遠かったことか・・・

そんな最高なホラー映画原体験。

現在は採算とか規制とか嫌らしい話ばかりで映画館で過剰なまでのホラーが見れることは少なくなりました。

そんな最高な体験を是非もう一度!と思ってました!

SAVE THE ZOMBIEキャンペーン賛同します。

配給会社さん映画館さんガンバレ!
スポンサーサイト
  1. 2010/07/06(火) 08:21:53|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。