ハル工房2

適当な毎日。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

黒幕さん(ヴィンセントさん)?のひとりごとの感想。

sakusaku オフィシャル・ホームページ内に「ひとりごと」というページがある。

いつもの黒幕さんと違い(いやいつも通りか?)ダークな部分が多い文章なのだが、今回のひとりごと(追記に引用)はかなり頷いた。

まあ、クイズ番組乱立は柳の下のドジョウなんじゃないかとも思っていたが制作会社の人の発言なんで実感はあるんだろうと思う。

それよりも
>これ以上、(自分も含め)キレやすいオトナとかが増殖しないように(笑)、
>みんなで知識を吸収する努力をしよう。
のくだり。

ここのところ、何故か同世代の人間がこぞって「知る」ことに貪欲になってきた気がする。
世の中で何が起きているのか分からなくなったせいなのか
逆に、見えるようになってきてそこに「理解」出来ない事があるからなのか。

30辺りで「もしかしたら俺って無知じゃね?」と思い始め仕事で責任が出始めたら無知であることが罪になる。ってことなのかねぇ?

>知識の蓄積に加え、
>“疑うこと” と “見抜くこと” を同じバランスで兼ね備えられたら
>危険回避能力も高くなるはずだ・・・

なんとなく思うのが自分達の周りの環境が本当に不安定になっていてそれに対抗する力を求めてるような感じ。

となると世代を超えて知識欲が高まってるって事…
ああ、それで>さぁ、まずはみんなでクイズ番組をみよう。
な、訳かw

まあ、自分の脳味噌を信じつつ、上手く疑って生きましょう!




sakusaku オフィシャル・ホームページ「ひとりごと」より引用© tvk・mucom 2005
----------------------------------------------------
最近、クイズ番組の多さに興味をもっている。

理由は単純で、オイラ自身が “クイズ好き” だからだ。
社内でクイズ番組がたれ流しされていると、つい画面に近づいていって、
2~3問声出して答えちゃったりして(笑)。 仮に、おそろしく忙しい時でも、
すぐそばで一緒に仕事している連中を巻き込んで、画面の前にみんなをひきつけて、
その一角だけ 「とりあえずクイズに答えなきゃ仕事に戻れない」 くらいの
“有無も言わせず” の状態をつくっちゃって(!)みんなに
回答させたりなんかしてね(笑)。

結構、よくありがちな光景だと思うのだが、(「え~」っていう声が聞こえてきそうだ)
皆さんの会社じゃあ、一体どーなんだろね。

あくまでコレ、“息抜き” だからね。
会社がひまだらけと思ってもらっちゃあ~困るけど。


このクイズ番組乱発の状況、一体なぜだろう。
“何か” が原因というか、発想させるきっかけがあって
「うん、そりゃあ~ウケる。 早速、実行だ!」 とならなきゃ、

番組は立ち上がらないわけだからね。

きっと “今どきの番組企画書”って思わせる
“今どき感” が、『新発想のクイズ番組』 みたいなカテゴリーであるんだろうな。

各局がそのジャンルでの生き残りをかけて番組を制作し、番組構成や出題方法など、
他局との比較で 「似てる!」 「似てない!」 なんて論議もありつつ、
キリキリしながら各担当者はどこも問題作成や
“ひねり”(演出)に追われているはずだ。



「クイズ番組ばっかりメインで仕事してたら、マルチな人間になれん。」 と
早々に撤退した経験がある。

ただ、クイズ番組自体をみるのは大好きなので、もう少し我慢できたのだろうけど、
ある意味、現場に携わって、想像と全く違ったその実態に、
当時、ものすごくショックを受けたんだろうな。

「楽かな」 と思ってたもんね。

しかも自分が担当した番組は、回答者がシロウトさんの番組だったので、
仕切りが大変だわ、
プレゼント商品の手配もばたばたで、
何だか番組をつくっている気分ではなかった。


ま、

業界入りたての頃はみんなそんな感じだろうけど・・・成長したな、オレ(笑)。



近頃、あまり聞かなくなったが、数年前に
「小中高大問わず、学生の学力が低下している」 なんて記事が出まくって、
「学校が悪い・先生が悪い・国が悪い」 「いやいや、親も悪いし本人も悪い」 と、

まるで日本中が責任のなすりあいバトルのいく果て、全員が
おばかさんになってしまうんじゃないかと思うほど、そのニュースに焦った記憶がある。

「まわりがそんな状況だったら、自分はこの島国でどうやって生きていこうか」 と考えた。

(ま、そんなことをちょっとでも考えている自分もばかばかだと思ったが(笑))。

相手をだまくらかして○○してやろう、とは思えないな。
だって、
会話が伝わらないくらいだめだめだったら、
だまくらかすもだませなかったもあったもんじゃない(笑)。

もう少しわかりやすく説明すると(説明しなくていいんじゃないか)、
「とりあえず、左にずっ~と行けば、アンタの好きな店がいっぱいあるから。」 とか言って、
そのスキに逃げちゃえなんて思ってたら、

「左・・・いいですねぇ。左って、布製ですか?いっぱいあるんですか?」 と返されたら
どーするんだ(笑)・・・まぁ、そんなわけで

“ばかばか王国” では、普通の人も普通でいられなくなるのだ。 こわいだろ~(笑)。
だから、国も動いたのだ(!?)。



で、あるからして(!?)
近頃の “クイズ番組乱発” の原因は、決してブームではなく、
【身近に迫る危機感のようなもの】 ではないかと思うのだ(なんだ、その結論は~)。

テレビ屋さんたちが、自分たちの無知を自覚しているのか・してないのか、
きっとある程度承知した上で仕事をとおして勉強しているのだ。

「出題している側」って、精神的に優位に立てるからね。
「わかんな~い」 と言ってくれたら、さらに優越感に浸れる・・・
テレビ屋さんに常識人が少ない気がするのはきっとそのせいだ(笑)。

世間の常識に対して、生活習慣的にも少々麻痺しちゃっているのだ。

もちろん、オイラもそういった業界のひとりだ。
常識もあんまりない(!)。
だから、
数年前から心を入れ替えて真面目に仕事させていただいている(数年前って・・・)。

まるで自分の身近に迫るリアルな問題として 「世間にメスを入れる」 みたいな
重々しいドキュメンタリーを制作し、視聴者にお届けするのもアリだが、
“今どきのクイズ番組” を制作している
テレビ屋さんたちのターゲットは、

もっと 「人として胸張って生きていこうよ」 みたいな(笑)すごいレベルでの
危機感だと思う。

「パパ~!」 「ママと呼びなさい。」 みたいな(!?)もう、
“なにがなんだか” みたいなヤバさ(笑)。

「あ~もぅ。 くつしたで顔拭いちゃだめだよ~。」 みたいな(笑)。
くつした、フォ~!



つい最近も、とあるクイズ番組をみていて、日本にいること自体に不安をおぼえた(笑)。

「おばか3人、揃い踏み!」 なんて前フリがあって、
K歌手とTさんとWちゃんが答えたクイズがコレだ・・・

『マレー語で “森の人” を意味する、マレーシアetc. の 熱帯雨林に生息する類人猿は?』
<答え : オランウータン>

に対して、

秒速で早押しボタンをひっぱたいたK歌手の答えが 「北京原人!」(笑)。

MCが 「こらっ!」 とつっこみを入れてる間もなく、Tさんが
「はいっ、ネアンデルタール人!」(大笑)。

「このやろ~~」 とスタジオ内が騒然としているところへ、最終兵器のWちゃんが
バシッとボタンを押して言い放ったのが、「首長族!!」って、
おいこら!!(爆笑)

もう、“ねらった” としか思えない “3段ロケット砲” に打ち抜かれ、
「首長~」 で笑いすぎて足首ひねったっつーの。

その時は確かに笑い転げたが、このテの “超越人間” の増殖は、さすがに怖くなった。



もういよいよ誰にも頼れないのだ。 いや、
「頼れない」 なんて考えているだけ、もう他人には 「すかして」 映っているかもしれない。

もう少しわかりやすく説明すると(もういいって)
要するに、こんな会話だ・・・

「生地って漢字、“きじ”ってぱっと見、読めないよね。」
「えっ!? 読めるからって、すかしてんじゃね~よ!(逆ギレ)」・・・こんな世界(笑)。

良かれと思って発言しても、相手にはすべてイヤミに聞こえる、ある意味 “氷の世界” ですよ。



あなたはこれからうまく生きていけますか?(笑)

雑学やらナンやら、最低限、生きるために必要不可欠な知識をいっぱい吸収して、
これからの生活に役立てましょう。

目の前に “わからないこと” があるとイライラするし、あんまり詰められると
頭にくるじゃないですか。
オイラなんかは、
そういう事態を少しでも避けたいから、心を入れ替えたわけ(笑)。

“わからないこと” は 「わからない」 と言うことから始めないといけないので、
「そんなことも知らんの?」 みたいなリアクションされたりすることもあってつらいけど、

そこはがまんがまん・・・

これ以上、(自分も含め)キレやすいオトナとかが増殖しないように(笑)、
みんなで知識を吸収する努力をしよう。

知識の蓄積に加え、
“疑うこと” と “見抜くこと” を同じバランスで兼ね備えられたら
危険回避能力も高くなるはずだ・・・さぁ、まずはみんなでクイズ番組をみよう。

この国のためだ、仕方ない。 『 saku saku 』 は そのあとだ(笑)・・・


「 『ひとりごと』 書いてるヤツ。 九州のこと、
“吸収”って書いてやんの、
ばかだぁ~あはははは。 」・・・・・(?)?

<おわり>
sakusaku オフィシャル・ホームページ「ひとりごと」より引用© tvk・mucom 2005
スポンサーサイト
  1. 2005/12/20(火) 08:01:24|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<THE BACK HORN マニアックへブン | ホーム | う~ん。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hal88.blog11.fc2.com/tb.php/136-bce6dc29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。