ハル工房2

適当な毎日。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

過去日記・あぶないやつら撮影レポート

あぶないやつら撮影レポート

5月某日、私の仕事場にてあぶないやつらの撮影が行われた。
撮影までの次第、事の顛末は探偵ファイル山木くんの文章にある通りなので以下の文章は私個人の視点での本編の補足として読んで貰えるとうれしい。

約束の時間10分前にキリッっとしたスーツ姿で山木くんが工場に現われた。
手には日本刀やらサーベルやら。嬉々として見せてくれる。銃刀法とか常識とかがチラリと頭をよぎる。
ていうかさっさと中に入ってくれ~!私はここで毎日仕事してるんだよ~。ご近所さんの目が怖い。

さっそく道着に着替え、撮影準備開始。

y1.jpg

精神集中時の山木くん
この刀があんな事に・・・

宮本武蔵アルミ缶

本編でも書かれてましたが切れなかった。
水を入れても釘で固定してもダメ。缶は勢い良くすっ飛んで行った。

一斗缶

宮本武蔵の結果からやはり重量が無くては切れないのでは?と考え
水をタップリと入れた。クレーンで吊る際、取っ手がもげそうなくらい。
ついでに脚立を用意して思いっきり良く振り下ろし、慣性も利用しようかと。

山木 「凄く勢いがあるんですが。取っ手外れたら危険ですよ。」

うんそうだね。でも私じゃないし。

HAL「えい」

itto.jpg

「うぉ!」と叫んで、腰が引けてしまったと思われる瞬間。

・・・切れました。ええ、切れましたさ。水のたっぷり入った一斗缶が。
当然、工場中水浸し。タオルケットで吸水しても追いつかない。自業自得なのだが・・・

遊戯駅2

詳細は本編のとおり。あるシリーズの予告編と合わせるとよく解る。
問題は粉々になった破片。山木くんと丁寧に掃除したのだが
翌日来たバイトくんが歯車や、ひんまがったファンカバーを見つける。
「何してたんです?」と聞かれ返答に困った。
(完成したあるシリーズ


鉄球。

tekkyuu.jpg

本来は蹴飛ばし式プレス機の重り。



山木「真面目に鉄球じゃないですか・・・」

そのとおり。私が生まれる前から使われてきた由緒正しき鉄球である。
涙を飲んで斬らせてアゲル。

山木「無理! 体に直撃したら、骨折コース!!」
やかましい。そうなったら私だって近所の評判や社員の信頼失くすんだ。
ネタの為に骨の一本や二本喜んで差し出さんか。あ、もう差し出した後か。

ま、いいや。
「えい」

ぱっき~ん!

yk1.jpg

案の定折れた刃を持ち半分自棄気味に笑う。

本編では鉄球なんか切れる訳無いだろと毒づいていたが、私は信じてるよ。

君がいつか、この鉄球を真っ二つにしてくれる日が来ることを!!
追記

預かった折れた刃先になにか、こう、赤茶けたシミがあった。山木くんの顔の真新しい傷を見て納得した。
大変な職場でしょうが、お体大切にネ・・・

HAL

スポンサーサイト
  1. 2005/07/07(木) 21:24:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<過去日記・心霊探偵同行レポート | ホーム | 散歩でき~ん。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hal88.blog11.fc2.com/tb.php/67-ca52858e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。