ハル工房2

適当な毎日。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

口に入れるもの。

土用の丑の日の何日か後、天然ボケな嫁が「安くて大きかった~!」と異様にでかいウナギを嬉々として買ってきた。中国産の田ウナギだった。

まずい。泥臭く骨っぽく、トドメは化学調味料で舌が麻痺する。

次の日のニュース(これを検索するのにマラカイトグリーンとソイレントグリーンを素で間違えました)
そして探偵ブログでも。(これに関してはコチラのような話もありますが)

中国産に限らず今の世の中、口に入れるのをためらうモノが多すぎる気がする。

12年前、娘を育ててる時に市販の離乳食を0才児に拒否された。
口に入れてもすぐベェーと出してしまう。
試しに瓶詰めのレバーペーストや野菜の煮込みを食べてみてビックリした。

まずいのだ。(12年前当時。といっても今のベビーフードも…)

味がないとか触感が悪いとか言い出せばキリが無いがとにかく不味い。
そこまではお手製の野菜スープを作って与えてたのでいきなりこの味ではそりゃ拒否されるわと思いそれからは毎食手間がかかっても手作りに切り替えた。
おかげで食べは良くなったが12歳となる今現在は不味いモノは口に入れなくなりそれはそれで困った事になっている。

旨い不味いを言うのは贅沢ではあると思う。
が、口に入れた途端吐き出すほど不味いものが子供用として売られてそれを平気で食べさせられて育った世代が親になっていく。

正しい食などとぶち上げるつもりは無いが自分の家族の口に入るものは気をつけて行こうと思う今日この頃。

因みに田ウナギは殆どがゴミ箱に行きました。





スポンサーサイト
  1. 2005/08/08(月) 21:42:39|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ご冥福お祈りします。 | ホーム | トケル。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hal88.blog11.fc2.com/tb.php/80-b6c241ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。