ハル工房2

適当な毎日。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

-メガネ×2-

-メガネ×2-の続きです。
IMG_0007.jpg

間が空いてしまうとどんな作業をしてたのか忘れてしまいますね。

写真が多いので追記で。 [-メガネ×2-]の続きを読む
  1. 2010/03/21(日) 05:42:46|
  2. 製作ブツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

途中経過 -メガネ×2-

スカボロウフェア完成直後の乾燥台。気温が5℃以下なのでストーブ必須。
NEC_0045_20100226061552.jpg
一個のシリコン型で抜けたブツ。本体メイン部一台に付きレジン700cc。4台ワンセットの地獄。

さて、今回はメガネ×2。
NEC_0046_20100226061552.jpg

お話頂いたお二方のメガネのチョイスが違い楽しい。
NEC_0047_20100226061552.jpg
かなり小型にしたため前回のパテ盛り形成だと無理と判断、黒のポリエチレン板0.5mmをリューターで切削。
ポリカの両面に貼っていく方向で。
NEC_0051_20100226061552.jpg
カッターでは切りにくい上、細かすぎて折れるのでリューターで。うん、以前のより手間がかかってるw

NEC_0050.jpg
コッチはツルが以前のと同じタイプ。
NEC_0005 (2)a
以前の。

NEC_0049_20100226061551.jpg
こんなスプリング内蔵タイプもあるのね。残念ながらバネ取って、
埋め込むために半分にした。

NEC_0048_20100226063504.jpg

ヒートガンっていうドライヤーのバケモノでポリカを熱してツルの曲げ。
ポリエチレン板を両面テープで貼りつけて、ようやく加工素材の出来上がり。

ここまでくればあとは金具やパテやら塗装やら。

続きは…しばらく待ってってくださいね。
  1. 2010/02/26(金) 07:08:41|
  2. 製作ブツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ARMYofTWOのアレ。

NEC_0046.jpg

The 40th Dayの発売日も近くなってきたので。

http://www.japan.ea.com/aot/
http://army-of-two.jp/40th/18禁です。


結構前、友人にネタとして作って欲しいと言われたもの。
その時はXBOX360持って無かったので制作費として本体+ソフト貰って作った。
遊んでみたら「あ~!もっとアッサリ作ればよかった!」と後悔しきり。

NEC_0017.jpg
板厚1.6mmと2.3mm。2.3mmは角材が砕け散るまでぶん殴っても着用者は平気だった。
まあ、着用者が異常なんだけど。

最初は「タイで銃弾ぶち込んでこよう!」とまで言ってたのがいつのまにか立ち消え。
お蔵入りもつまらないので公開。

いつかやってくれよう。


作業工程は追記で。

[ARMYofTWOのアレ。]の続きを読む
  1. 2010/02/23(火) 09:29:40|
  2. 製作ブツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

完成!-スカボロウフェア-

セージ・ローズマリー完成版です。
IMG_3997-2.jpg

IMG_3998-2.jpg

IMG_4000-2.jpg

IMG_4001-2.jpg

IMG_40022.jpg

IMG_4005-2.jpg

12/5の記事に原型をあげツイッターで呟いた途端に興味を持ってくれたよしださんのところに貰われて行きました。

SEな嫁の華麗なる堕落日記。
「匠の技 スカボロウフェア #bayonetta」
コチラの写真のほうが圧倒的に写真写りが良いので是非見に行ってみてください。
よしださんもツイドル再結成!とかバカネタとかいろいろと面白い人ですが、今書かれてるブラック会社シリーズに私は興味津々です。ヤベエよw


長いようで短かった楽しみですが一段落。


とはいえ、コスの人に頼んで4丁装備してもらう話もまとまりました。桜咲く頃にはなんとか!
これにかかりっきりでBAYONETTA本編のやり込みも進んでません。
なにより自分の分も作れてないのですよ、スカボロウフェア。
絶頂感はブッ続いてるようです!


さまざまな製作話はまた今度!
  1. 2010/02/22(月) 08:33:48|
  2. 製作ブツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

デカール。-スカボロウフェア-

NEC_0031 (2)
だいぶ終わりが見えてきました。

NEC_0030 (2)
デカールはベヨブログのデーターのグレー部分を透明化、反転して転写デカールのクリアタイプに印刷したもの。
転写デカールはガイアノーツってとこのを何の気無しに買ったけど後にA-oneさんのがコストパフォーマンスはいいことが発覚。ユザワヤでも売ってた…
透明化のやり方がわからなくて一苦労。
最初、http://allabout.co.jp/study/pcbasic/closeup/CU20080823A/コチラのフリーソフトで試したけど無知のせいか合成時に何故か背景色が出て失敗。
同じ記事内にExcelで透明化とあったのでそれをヒントになんとか成功。
最後は保存とかせずに「背景を透明化した図」そのものをコピーしてフリーのグラフィックソフトJTrimに読み込ませた。

NEC_0034 (2)
相当悩んだ末の貼付け作業はスゲエ楽しい!チョキチョキ。


NEC_0033 (2)
ペタペタ。



…。



嫌な予感がする。



試しに見えないところで……



NEC_0032 (2)

色、下地に食われとる。

ちょっと考えれば当然だよね。

クリアタイプじゃ、そりゃ透けるって。


……白地タイプ買ってきます・゜・(ノД`)・゜・。。

  1. 2010/02/07(日) 21:57:32|
  2. 製作ブツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チャーム-スカボロウフェア-

「チャームの方もありますのでアクセサリーとして自作しても良いかもしれません」
プラチナゲームズ兵器開発局小手川”ジョニー”宗行さんのお言葉

やってみました。

ラフ。セージとローズマリー。プラ板切り出してパテ盛って形成。直径だいたい4~5cm。
NEC_0021.jpg

細かく修正。細かすぎて指が釣る。
NEC_0025_20100131171440.jpg

仕上げ。ローズマリーの宝石取付部は6mmの鉄丸棒。私にとっては加工しやすいから。
パセリも追って加工開始。タイムは後のお楽しみ。
NEC_0026.jpg

型取りしてレジンキャストにするのだけど、ロストワックスでシルバー作ってもいいかも。

問題は鎖。
こればっかりはなぁ……市販品で誤魔化します。
  1. 2010/01/31(日) 17:41:54|
  2. 製作ブツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

マスキング-スカボロウフェア-

塗装難しいです。
色が無いんですよ、アレに近い色が。
調色してみるも、知識が無いんで色が濁ってしまい却下。
車用のスプレー探しても納得いかず。

近似色で行きます。

また、金色のラインが難しい。
カッティングシート切って貼りつけようと思ってたら、これがオモチャ感丸出し。
さらに曲線部に円形のラインなんて!
原型の段階で筋彫りしとけば良かった。
一個づつマスキングしてスプレーして上塗りをして仕上げ。

マスキング。
NEC_0020 (2)
こっからラインを手作業で写し、カット。
気が遠くなる。


チャーム。
NEC_0018 (2)
画像をカットしてプラ板に写すところ。これからパテ盛りして形成。


先日、自作派大歓喜のプレゼントがプラチナゲームズ兵器開発局小手川”ジョニー”宗行さんから届きました!
ベヨブログ・ベヨネッタの武器特別編
(c)SEGA
この六面図をプリントアウトして厚紙と紙筒に貼りつければ即簡易版スカボロウフェア完成!ってシロモノです。
私も悩んでたロゴやチャームの設定がわかり大喜びしたのですが……


ぶっちゃけハードルが上がった訳ですよ。

ロゴは転写デカールにと思ったんですが、パソコン使えないからうまく外枠の透明化が出来ない!
チャームも細かすぎて指釣るわ!
そもそも、設定画をもとにやってるんだからソッチ合わせにした方が…
イヤイヤ銃としては設定のほうが好きだけど設定をこれだけ詳細にプレゼントされたんだから……

喜んでる場合じゃなくなってきました。


追伸

いろいろな方から作成方法のお問い合わせをいただきますが、
私の作成方法はプロ用工具と過去30年の経験をふんだんに使って、かなり危険な作り方をしています。
「メガネのツル削って針金の芯を…」とかアッサリ書いてますが、
これかなり危険です!

ファン同士、作成方法共有できればと思ってましたが実際に削る方法はかなりリスキー。
いままで工作をしたことが無い方がチャレンジするのは無茶です。
自信と経験がある方以外は真似をしない方がよろしいかと思います。


  1. 2010/01/25(月) 04:48:13|
  2. 製作ブツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メガネ

オマケで作ってるメガネ。


NEC_0078_20100114034024.jpg
やや細身のベースを選択。

NEC_0052a.jpg
(c)SEGA

デカイのは分かってますが、あえてデザイン画優先。
ツルの部分を削って骨の針金むき出し。
ポリカーボネイトに交換。ほっそい部分があるんでポリカにしたけど後で塗料が乗らなくて困った。

NEC_0055a.jpg
(c)SEGA

ペタペタ。


NEC_0005 (2)a
整形後着色。
ポリカに色が乗らないことに初めて気づき愕然。プライマーを何種類か試す。
塗料だけで当初予算ブッチギリ。

NEC_0009 (2)a
出来上がり!


追伸

いろいろな方から作成方法のお問い合わせをいただきますが、
私の作成方法はプロ用工具と過去30年の経験をふんだんに使って、かなり危険な作り方をしています。
「メガネのツル削って針金の芯を…」とかアッサリ書いてますが、
これかなり危険です!

ファン同士、作成方法共有できればと思ってましたが実際に削る方法はかなりリスキー。
いままで工作をしたことが無い方がチャレンジするのは無茶です。
自信と経験がある方以外は真似をしない方がよろしいかと思います。


  1. 2010/01/14(木) 03:55:46|
  2. 製作ブツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。